そこのあなた、最近”おなか”気になりませんか?そんな悩みを解消しましょう

メタボからの脱出       脱出

リンゴ型肥満と洋なし型肥満

 

太り方にも色々あって、女性に多いのはおしりや太ももに肉がつく下半身デブといわれる「洋ナシ型肥満」。男性や年輩の女性に多いのは、おなかの回りや上半身が太ったビヤ樽タイプの「リンゴ型肥満」。これは脂肪のたまり方の違いで、洋ナシ型は「皮下脂肪型肥満」、リンゴ型は「内臓脂肪型肥満」ともいわれます。見た目の太り具合や体重、BMI(※)の値が同じでも、腹部のCTスキャン(コンピュータ断層写真)などをとると大違い。内臓脂肪型の人は、皮膚の下よりも内臓回りに脂肪がびっしり。外見はスマートなのに体脂肪率が高い「かくれ肥満」もこのタイプが多いようです。ダイエットに失敗してリバウンドした人、学生時代だけスポーツをやっていてやめた人なども、内臓脂肪が多い可能性があります

※BMI
BMIとは、ボディ・マス・インデックス(Body Mass Index)の略称で、国際的に使われている体格指数です。

あなたのBMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

▼BMIによる肥満判定

BMI値 18.5
未満
18.5~25
未満
25~30
未満
30以上
判定 やせ 普通 肥満度1度 肥満度2以上

内臓脂肪が危ない

皮下脂肪はつきにくく落ちにくい、内臓脂肪はつきやすく落ちやすい性質があります。「ベルトの穴が増えると寿命が縮まる」といわれるのは内臓脂肪です。更年期以降の女性や男性に多い内臓脂肪は、余分なエネルギーの貯蔵庫。生活習慣病との関わりが深いことがわかっています。

肥満は健康の大敵

肥満症の人は、心臓病、動脈硬化、高血圧、高脂血症、糖尿病などになりやすく、胆石の発症率も高まります。肥満・糖尿病、高脂血症、高血圧の合併は「死の四重奏」と呼ばれています。女性の場合、不妊症や子宮内膜ガン、卵巣ガン、乳ガン、男性では大腸ガン、前立腺ガンなどの危険率もアップ。「脂肪率は死亡率への道」ということにもなりかねません。日本人の死因の第一位はガンですが、肥満と関係の深い動脈硬化を原因とする心臓病と脳血管疾患で約30%を占めています。

pickup

最終更新日:2018/7/25

『メタボ 体質』 最新ツイート

@oodai_system

@seobibi1 メタボ体質になってきたので、食生活を改善しようかと思うようになってきました

1日前 - 2018年11月12日


@MKyba

ダイエットを5月から、始めて、胃が、小さくなって気がします。個人差が、ありますがw。まだまだメタボ予備軍ですけれど(苦笑)。あまり減量しすぎると、冬場に風邪を引きやすくなる体質なので(個人的にです)、諸々気をつけます。

1日前 - 2018年11月12日


@psriasis

乾癬患者が統計的に言われる発症時期やメタボ体質など私には当てはまらない事が多い。幼少期の発症や現在に至るまでかなり痩せ型体質など。やはり病状は十人十色。その人なりの乾癬との付き合い方の把握がとても大事。

2日前 - 2018年11月12日


上へ